トップ

ダークな花

葬儀の供花の贈り方とは 

供花は葬儀の際に故人にお供えする花のことですが、祭壇や会場を飾るものでもあります。親族や親しかった人などが贈ったり、参列できない人が香典代わりに贈ったりします。供花を贈る際には、担当している葬儀社に頼むのが一般的です。頼むところがバラバラだと統一感がなくなって、せっかく花で飾っても見栄えが悪くなってしまうので、頼むところはひとつにするのが良いです。また地域や宗派によっても違いが違いがあるので、独自に手配するのは控え方がいいでしょう。また、喪主に直接頼むのは控えた方がいいでしょう。通夜の前はとても慌しい状態なので、喪主に頼むのは迷惑をかけることになります。

祭壇を彩る供花を選びましょう 

葬儀では、供花を盛大に飾るという伝統があります。花が祭壇に飾られた光景は、まさに極楽浄土を思わせるものです。花の種類は選ぶこともできます。値段は様々でありますが、お金を惜しまないで花を供える場合が多いのです。葬儀が終わったあとには、供花は参列者に配るのが習わしであります。参列者は、持ち帰った花を自宅の仏壇に供えることをします。昔は自宅で葬式をしたものですから、持ち帰りをしやすいように大量の新聞紙を用意したものです。最近では斎場で行うことが多くなったものですから、花を包む紙は業者が用意してくれます。

供花の贈り方の情報

新着情報