トップ / 友人も呼べる家族葬の魅力

家族葬で送られることは 

亡くなった人を送る時に、家族や親しかった友人、お世話になった方達で本当に心からの悲しみを感じている人で送る家族葬を行うのが多くなっています。世間に何かを誇示するようにただ盛大なだけの葬儀をしても、亡くなった人に喜んでもらえないだろうということは多くの人が思うことなのでしょう。家族葬は静かで温かな儀式になっていることが多いのです。故人も遺族も一緒になったような式が、誰もがそのように別れをしたくなるような厳かな空気が、そこにはあるのです。

家族葬は年々増えています 

近年では、家族葬という葬儀の形式を選ぶ方が増えているようです。通夜、葬儀や告別式、火葬などは通常通り行いますが、お葬式の規模を一般の葬儀に比べて、小さくした形になっています。故人と親しくしていた関係者や、家族と親戚などだけで、お葬式を行う家族葬を選択する方が多いようです。お葬式にかかる費用を抑えられますので、今後も増えていくことになるでしょう。以前に比べて、お葬式の形も少しずつ変わってきているといえるでしょう。

供花の贈り方の情報