トップ / 葬儀の種類と規模について

心のこもった葬儀をするために 

葬儀の仕方は、近年多様化しており、シンプルに火葬と埋葬だけをおこなう直送から、家族や親しい間柄の方だけで行う家族葬、大規模な社葬など様々な選択肢から選べるようになりました。ご家族のために葬儀の手配をされる方だけではなく、自分自身の見送り方を前もって決められる方も増えています。納得のいく式になるだけではなく、周りに迷惑をかけないというメリットもあります。故人を大切に思う気持ちを表すことのできる機会でもあります。数ある会社やサービスの中から、その人らしい、心のこもった方法を探してお見送りができたら素敵ですね。

家族葬と、そのメリット 

以前は、葬儀といえば、家族や親族だけではなく、近所の人や昔からの付き合いがある人、また遺族の同僚や同級生など、多くの人が集まっておこなっていました。しかし、最近では近所づきあいが減ったり、少子化などの影響によって、葬儀はより身内で行うものとなっています。そして、そのこじんまりと行う傾向に合わせて、「家族葬」とよばれる葬儀のかたちが増えてきました。これは、家族をはじめ、親しい人だけを呼んで行う葬儀で、実際に行われる段取りなどは一般葬とはかわりありません。しかし、弔問客に追われることがないので、ゆっくりと故人

供花の贈り方の情報