トップ / 葬儀でのマナー違反に注意

ダークな花

葬儀のマナーを知っておく 

葬儀の際には気を付けるべきマナーが多数存在しています。マナー違反だと知らずにやってしまうと他の参列者の方々からひんしゅくを買うだけでなく、故人の身内の方にも失礼になりますので、最低限のものくらいは知っておかなければなりません。代表的なものとしては、葬儀に行く際の服装は黒で光沢のあるものは避ける、香典には新札は入れない、通夜振る舞いの食事には必ず一口は口をつけるなどが挙げられます。その他にも、遺族である場合とそうでない場合、受付を頼まれた場合、急ぎの弔問に行かなければならない場合など、場面に応じて変わってくるルールも多くあるため、しっかりとした知識を日ごろから持っておく必要があります。

葬式のときのマナー違反について 

葬儀のマナーとしてはまず、遅刻はしないことです。案内状に書いてある通りの時間に着くようにしてください。やむを得ず遅れてしまった場合は、そのことを詫びてからご焼香をしてください。次に結婚式のご祝儀には新札を使いますが、お香典には新札を使わないでください。前もって死を予期していたというイメージがあります。もし新札を使う場合は、折り目をつけて包んでください。また、葬儀で遺族と長話をしないでください。お悔やみの言葉は手短に述べてください。知り合いに合った場合でも世間話はせず、私語は会場を出てからにしてください。

供花の贈り方の情報