トップ / 葬儀で僧侶に支払う額

ダークな花

葬儀のお布施に関すること 

葬儀のお布施に関して、お寺の方から詳しい話を聞く事はありません。施主が僧侶に感謝の気持ちを伝える物としてお布施があります。葬儀でお経や戒名、お車代なども含まれた金額であり、全国的な平均金額は51万円前後となっています。寺院などにもよりますし、故人の社会的地位や資産状況などにも異なるので全国平均が全てではありません。詳しいことは檀家の世話役などに直接尋ねた方が間違いはありません。渡すタイミングとしては式を無事に終えひと段落してからお寺へ出向きお渡しします。お寺が遠方であったりすれば、通夜が終わり僧侶の控室でお渡しする場合もあります。

読経料などで僧侶に納めるお布施 

仏教式の葬儀を行う場合は、僧侶に読経をあげてもらうことになります。戒名に関しては、本来は生前に授かるものですが、最近では亡くなった直後につけてもらうことが主流です。通常は読経料と戒名料を合わせた金額をお布施として納めます。読経料や戒名料に関しては、地域や宗派によっても大きく異なります。葬儀費用の大部分を占めるもので、これは原始仏教から離れた葬式仏教が生んだ伝統です。かつては戒名料は本当に安かったのですが、日本が経済的に豊かになると急騰しました。檀家の減少で寺の経営が厳しくなる時期とちょうど重なったために、お布施の高騰が問題となりましたが、金額は強制されるものでもありません。

供花の贈り方の情報