トップ / 故人を偲ぶ葬儀について

気持ちの入った葬儀をお考えなら 

葬儀というものは、故人を偲ぶだけでなく、遺族や参列者が心の悲しみを癒す大切な場でもあります。心のこもった式と言うのは一体どういうものなのでしょうか?故人が好きだった花を飾ったり、音楽をかけたり、生前の故人に何か趣味があったのならそれを展示するのもよいでしょう。それを眺めながら故人の人柄を理解してもらうといった趣向もよい方法といえるでしょう。型にはまった葬儀ではなく、自由な発想に対応してもらえるところを探すということも、遺された方々が故人のために出来る最後のおもてなしなのかもしれません。

高額な葬儀の費用について 

家族が亡くなった際には葬儀を行わなくてはなりませんが、親族や友人、同僚の方など故人に縁のある方が集まる一般的なものは高額な費用を要します。その平均額は200万程度となり、広い会場の確保や祭壇の設置、参列者へのおもてなしの費用などが高額となる理由です。ある程度は香典やお供えなどによって賄えますが、それでも自己出費は半額以上は必要tになるでしょう。参列者の数が少ないと場合には小規模な葬儀を行うことも可能であり、対応するプランも増えてきましたので選択肢が広がっているのが現状です。

供花の贈り方の情報