トップ / 葬儀に着ていける服とは

ダークな花

葬儀のときの服装について 

男性の葬儀のときの服装はブラックスーツで、白いシャツに黒い無地のネクタイを締めてください。派手なアクセサリーはつけず、カフスボタンは黒石のものにします。女性は洋装の場合は髪をまとめて、髪飾りはできる限りつけず、つける場合は黒で光沢のないリボンやバレッタにしてください。化粧はシンプルにして、マニキュアは塗らないようにします。ストッキングは黒いものにして、柄やラメが入っていないものを選んでください。和装では結婚指輪以外のアクセサリーはつけず、時計もカバンの中に入れてください。葬儀での子どもの服装は学校の制服があればそれにして、制服がなければ白いシャツやブラウスに地味な色のズボンやスカート、それに上着を合わせてください。

服装まで気配りをしていく 

生活の中で、人との付き合いがあります。その中でも、一番改まる席が葬儀になります。悲しみにくれる親族に、挨拶をすることは本当に辛いことです。その際の服装は、やはり悲しみにふさわしい黒の喪服をきます。そして、靴やバックも当然黒で統一します。葬儀では、華やかに見えるものは全て禁止です。そのために、メイクもできるだけ抑えて地味にみえるようにします。派手なネイルをしているのも、失礼に当たります。どうしても、落とすことができない時は、黒の手袋で隠すことがマナーです。なるべく目立つことはしないのが基本になります。

供花の贈り方の情報